ゴルファーが上達しない理由

ゴルファーが上達しない理由

小澤プロ

こんにちは小澤徹です。

私がPGAのティーチングプロとして、
アマチュアのみなさんはもちろん第一線のツアープロに至るまで、30年以上もの間レッスンに当たって来ましたが、
まず思う事はゴルフってホントに素晴らしいってことです。

なにが素晴らしいかというと、
キャリアの浅い方からベテランまで、
あるいはジュニアからシニアに至るまで、
年齢や性別、体力や技術の差があれども共にプレイを楽しめる。こんなスポーツが他にあるでしょうか?

ドライバーで150ヤードそこそこしか飛ばないシニアが
上がってみたら300ヤード近く飛ばす若者をスコアでやっつけている。
まさに人生にも似た、深みと醍醐味がここにはあります。

一方で、そんな楽しいゴルフであるからこそ、少しでも良いスコアで上がりたい。少しでも遠くへ飛ばしたい・・・。
そう思いながら、巷のゴルフ雑誌を読みあさってみたり、レッスンに通ったり、
練習場で一日何百球と打ち込んでみたりもしたけれど、いつまでたっても上手くならない。

あっ!何かを掴んだ!と思ったのもつかの間。翌週にはまた元のショットに戻ってしまう。
やっとの思いで100を切っては見たものの、またもや108つの除夜の鐘。

もうゴルフなんてやめてしまおう!そう思ったことがある方も多いのではないでしょうか?
それではせっかくの楽しいゴルフが台無しです。そんな思いも今日でさよならしましょう!
今日はこれから多くのゴルファーがなかなか上達できない本当の理由について、あなたにお伝えしたいと思います。

 

» 正しいゴルフ上達法とは