ドライバー 基本編

商品説明

皆さんはご存知でしょうか?

ドライバーは14本のクラブの中で
クラブヘッドが最も大きい(体積430cc〜460cc位)
にもかかわらずクラブの全体重量はもっとも軽いということを。

軽くてフェイス面も大きなデカヘッド。
単純に文字だけでイメージすると、なんだか易しいクラブのように思えますが
ご存知のとおり初心者〜初級クラスの方が
一番苦労するのがドライバーではないでしょうか。

ではなぜドライバーは難しいのでしょう?

その理由は「飛距離が出る」という重要なクラブの役割を持つために
シャフトは45〜46インチ前後という長さに加え、ヘッドのロフト角は
10度前後しかないからです。
つまり、長〜いシャフトで遠くにあるボールを、クラブフェースが
スクエアな状態でインパクトできて初めて真っ直ぐ遠くに飛ぶのです。
この時点でやっぱりハードルはかなり高そうですよね。

また、ドライバーは設計上一番「飛ぶ」クラブではあるのですが
「飛ばす」クラブではありません。
しかし「ドライバーだから飛ばさなきゃ」という潜在的な思考にとらわれて
力いっぱい振って結果はチョロやOB…
ここにも密かな落とし穴があるようです。

では、ドライバーを曲げずに打てるようになるために
何をすればよいのでしょうか?

この小澤流メソッド「ドライバー基本編」は
メソッドをより生かすためのウォーミングアップ、グリップやボールの位置〜アドレスまで
ドライバーをちゃんと打つために必要な基本動作に多くの時間を費やしています。
それはボールを打つまでにすべきことが基本に忠実にできているか否かで
結果に大きな違いが出ることを意味しています。

裏を返せば小澤流メソッドでは、まずは正しいアドレス(グリップやボールの位置も含む)を習得するのが上達への近道だということです。
そしてそのアドレスから繰り出されるスイングは一定のリズムとテンポがあり、
意識せずとも安定した再現性のあるものになっていくのです。

あれ程苦労した「スクエアにボールをとらえること」が
さほど時間もかからず、難しいものではなくなっていくのですから
初心者〜初級クラス、また中級以上のゴルファーの方にも試していただきたい
メソッドです。

そして、小澤流メソッドを使った「ドライバーのアプローチ」ドリルも
是非トライしていただき
力強く高弾道のドライバーショットを手に入れて下さい!

DVD詳細

ドライバー 基本編

ドライバー 基本編 DVD外観

出演者:小澤 徹 
収録時間:33分

  • ドライバーショットを打つ前のウォーミングアップ
  • ドライバーの正しいグリップ~アドレスを学ぶ
  • 呼吸でスイングのリズム、タイミングをつかみ飛距離を出す
  • まとめ

練習場・ゴルフ場でもスマホで動画試聴可能!

9,900

税込・送料無料

朝一のティーショットでいきなりのOB・・・。
ドラコンがかかったホールでまさかのチョロ・・・。
ドライバーショットを打つ前にあるウォーミングアップをするだけでミスショットが激減します。
グリップ・アドレスはもちろんタイミングをつかみ飛距離を出す方法をお伝えします!
練習場でも視聴可能なスマホ動画がセットに!!